同人エロ漫画倶楽部

    人外娘 丸呑み を含む記事の4ページ目
    「人外娘 漫画 人外娘 メスケモ 人外娘 丸呑み 人外娘に犯されたい願望を叶えるゲーム!戦闘で敗北すれば、魅惑的な妖女モンスターに逆レイプ!男性側が女性側を性的に責めるシーンは一切なし!逆転なしの、安心徹底M仕様を約束します!※このゲームは、「もんむす・くえす...」のキーワードで検出された記事を表示されています。

    キーワード:人外娘 丸呑みを含む記事

    人外娘 漫画 人外娘 メスケモ 人外娘 丸呑み 人外娘に犯されたい願望を叶えるゲーム!戦闘で敗北すれば、魅惑的な妖女モンスターに逆レイプ!男性側が女性側を性的に責めるシーンは一切なし!逆転なしの、安心徹底M仕様を約束します!※このゲームは、「もんむす・くえすと!前章」の続きとなります。ストーリーは途中からとなりますが、中章からのプレイも問題なく可能です。・ファンタジー世界を冒険する疑似RPGアドベンチャーゲーム!主人公は、勇者見習いの少年。人間と魔物が共存できる世界を実現するため、人々を苦しめる魔王退治の旅に。果たして彼の運命は?長い旅の果てに、目的を叶えることはできるのか?※通常パートはアドベンチャー形式で、戦闘パートはコマンド式RPG形式で進行します。・登場するモンスターは、全て女性型!このゲームに登場する敵モンスターは、全員が女性型。彼女達の主食は人間の精液であり、中には交尾相手を探しているモンスターも。精に飢えたモンスター達が、主人公に次から次へと襲い掛かってくる――・敵モンスターは快楽攻撃を仕掛けてくる!ほぼ全てのモンスターは、主人公に快楽攻撃を仕掛けてくる。そのモンスターの個性を活かし、女性器で、口で、手で、足で、胸で、髪で、肛門で、羽根で、尻尾で、触手で、粘液で、ツタで、花で、糸で……吸われ、包まれ、舐められ、扱かれ、絡みつかれ、巻き付かれ、締められ……主人公のHPがゼロになるとイかされてしまい、戦闘に敗北してしまう。・総モンスター数は70体以上!全員に敗北後逆レイプシーンが存在!敵モンスターとの戦いで、敗北してしまえば――主人公はなすすべもなく逆レイプされ、あえなく妖女の餌食にされてしまうのだ。全モンスターに敗北後逆レイプが存在し、様々な逆凌辱の末路が用意されている。生殖奴隷にされたり、性のオモチャにされたり、死ぬまで精液を搾り取られたり――また相手モンスターによっては、溶かされたり食べられたりしてしまうことも……※捕食シーンカット機能により、捕食表現が苦手な方も問題ありません。さらに中章からは、MOD機能を公式実装。ファンが作った数々のカスタムシナリオをプレイ可能な他、自分でもシナリオ作りが可能に!皆様の創作で広がっていく「もんむす・くえすと!」の世界を楽しもう!illust:frfr様、masha様、UN_DO様、アレキシ様、いろどり様、鰯の頭様、えぺ様、健康クロス様、人外モドキ様、瀬戸内様、デルフィナス様、とーます様voice:彩瀬ゆり様、大山チロル様、紅月ことね様、椎那天様、津軽りんご様、誠樹ふぁん様
    【【ゲーム】もんむす・くえすと!中章 ~負ければ妖女に犯される~【人外娘 漫画】】の続きを読む

    人外娘 漫画 人外娘 メスケモ 人外娘 丸呑み 二次元の世界では、子孫を残すため、異種との生殖実験などが行われている。その報告書から、被験者となった異種の女性2人(獣娘・鬼娘)とその子孫を紹介しよう。同種同士の交尾と人間と人外娘との性交による子作りを収録。そんな生殖実験報告書をイメージしたCG集。
    【【人外娘 漫画】生殖実験報告書 FILE:05【妊婦】】の続きを読む

    人外娘 漫画 人外娘 メスケモ 人外娘 丸呑み 人外娘を中心に、ヌードや化け物などのモンスター素材100点以上。CG集として鑑賞するだけでなく、自作ゲーム・漫画・ホームページの素材としても利用可能。psdデータで着せ替えや様相変更が可能なモンスターは5点。他はpng。裸にできる女型モンスターには、陰毛も存在。・天使・女神(アテナ、イシュタルなど)・悪魔・ドリアード(木の精)・アルラウネ(花の精)・鬼娘・妖怪(ろくろ首、猫又、トイレの花子など10程度)・雪娘・夢魔・口裂け女・人魚・水妖(セイレーン)・蛇女など多種多彩。一般的なモンスターも数割存在します(バロン、キマイラ、飛ドラゴン)。著作権は放棄しませんが表記は任意。自由に画像を加工し、同人作品・ホームページに使えます。使用例:同人ゲームのモンスターや登場キャラクターに(有料無料・年齢制限問わず)、同人漫画、小説サイトの挿絵、ホームページの飾り、社内の配布物、実店舗の印刷物、イベントのチラシ、パンフレットの挿絵
    【【人外娘 漫画】鑑賞用 & エロゲーム素材【人外娘・モンスター娘】】の続きを読む

    このページのトップヘ