同人エロ漫画倶楽部

    カテゴリ: SAYA PRODUCTS

    息子と母漫画 熟母漫画 艶母漫画 親友の母漫画 友達の母漫画 友人の母漫画 姉母漫画 友母漫画 14歳の母漫画 義理の母漫画 「お母さんが一晩中ボールペンで乳首に般若心経を書き続けられる話。」●●は見た。大好きなお母さんに悪霊のようなものが憑りついているのを。お母さんを悪霊から救うべく、向かった先は霧の濃いお化け屋敷のようなお堂。そこにいる霊媒師が母親に巣くう物の怪の正体は「悪戯きつね」だと見破る。命の危険があるため、さっそく悪霊払いの除霊を始めることになる。その除霊方法とは、「悪戯きつね」が巣くっている、母親の両の乳首に、霊媒師の読経に合わせて「般若心経」を写経することであった。だがそのためには、いくつもの問題がある。1つ目は息子の学業成績の問題。…漢字がまともに書けないおバカであること。2つ目はお母さんはじつは「乳首が弱い女」であったこと。…つまり乳首がもっとも敏感な性感帯でお母さんにとっては弱点であること。これらから考えて、除霊には相当な時間。丸一晩かかってしまう可能性が高い。「そんな!わたしはこれから一晩中、息子に乳首をボールペンで弄られ続けることになるんですか!」しかし、これをクリアしなければお母さんの命に関わる。最後まで抵抗する母親に対して、強引に除霊を進める息子。連続してやってくる、終わりのない「乳首イキ」終わりの来ない夜が始まる…◯ストーリー41枚
    【【コミック】「お母さんが一晩中ボールペンで乳首に般若心経を書き続けられる話。」【zip rar raw jpg pdf 無料 ダウンロード】】の続きを読む

    母と息子漫画 母親と息子漫画 息子 母 友達 エロ漫画 息子 同人誌 二次元 同人誌 真面目な性格の母親が思春期のムラムラで受験勉強が手につかない息子の為に母子相姦に踏み切るお話。真面目を絵にかいたような杓子定規な母親と、その真逆の性格を持つバカ息子。母親は内心息子の将来を案じてか、四六時中の監視。とにかく厳しく接している。一方、息子は思春期の性欲にしか興味がなく、受験勉強など手につかない有り様。周囲からは五年間も浪人生活をしているため「ゴローちゃん」などと呼ばれている。しかも童貞で気の弱い息子は性欲のはけ口がゆがみ、身近な女「お母さん」の盗撮画像をおかずに日々オナニーに励んでいる。スマートフォンの中にある大量の自分の盗撮画像を見つけた母親は、苦慮の末一計を案じることにする。その方法とは「お母さん自身が息子のセックスの相手を務め、無事に受験期間を乗り切らせること」であった。しかし下ネタには絶対的に疎遠な教育ママ。当たり前のように近親相姦など受け入れられる訳がない。そこで、身体を許す代わりに3つの条件を提示する。1.「灯りはすべて消して真っ暗な状態にすること。」2.「行為の最中に口はきかないこと。」3.「これ以上落ちないこと。」息子の性欲のはけ口など到底受け入れられるべくもないが、姿が見えない暗闇状態でコミュニケーションを一切取らないのであればなんとか受け入れられる。これが真面目な性格の母親が譲歩できる最大限のボーダーラインなのだ。一方息子はそんな母親心などつゆ知らず。見た目のいい女で童貞が捨てられるなら、相手は母親でも誰でも構わないというインモラルぶり。はじめは暗闇の中でのぎこちない手探りセックスから、どんどん欲がエスカレートしてくる。結局、受験勉強などそっちのけで盗撮道具の補充へと進み、暗闇をハッキリと視認できる「暗視コンタクト」を購入。母親がどうしても見せたくないと隠しているその素顔を、無理矢理ガン見してやろうと暗闇セックスにのぞむ。思いのほか性能がいい「暗視コンタクト」は暗闇の中でもくっきりと母親の痴態を映し出す。そうとは知らない母親は、息子のセックスを息を殺しながら相手をするのだが、それすらも息子には見られている。しかも母親がどうしても隠したかった性癖まで、鮮明に映し出すことになる。◯ストーリー36枚◯ストーリー(台詞無し)36枚
    【【コミック】きっつい性格の教育ママが、受験期のみ暗闇の中のみという条件で息子のセックス代理妻を務める話。【zip rar raw jpg pdf 無料 ダウンロード】】の続きを読む

    息子と母漫画 熟母漫画 艶母漫画 親友の母漫画 友達の母漫画 友人の母漫画 姉母漫画 友母漫画 14歳の母漫画 義理の母漫画 引き籠りニートの青年が自宅で母親を人知れず●すための手引書。主人公は内向的な性格のため、ここ何年も外出したことすらない。唯一の息抜きは、自宅のいたるところに仕掛けた盗撮カメラで母親を覗くこと。「私生活」「お風呂場」「寝室での夫婦生活」母親に特別な感情を抱いているわけではない。身近な女で顔が悪くないから、性の対象にしている。裸を覗こうが。盗撮しようが。お金がかかるわけでもなく、面倒もないからだ。…ただし、母親はたまに腹に据えかねる生意気な態度をとることがある。挙句の果ては、蔭口までたたいてくる。カメラで監視されているとも知らずに。そういう態度は人として許すわけにはいかない。お灸をすえる意味でも…「リアルに●す」だが、見つかったりバレたりすると怒られてしまうので。そこはバレないように綿密な仕掛けがなされている。生活環境から夫婦関係まで。すべてを計算したうえでのミッションインポッシブル。両親に睡眠薬を服用させて、夫婦の寝室で母親の方を凌●する。何もなかったかのように…この本はどこにでもある一般家庭の、自宅内における近親夜●いの手引書である。◯ストーリー32枚◯ストーリー(台詞無し)32枚
    【【コミック】生意気な母親を本人にも気づかれずに眠姦する方法【zip rar raw jpg pdf 無料 ダウンロード】】の続きを読む

    無料近親相姦漫画 近親相姦漫画中毒 近親相姦漫画画像 母子近親相姦漫画 父娘近親相姦漫画 近親相姦漫画 妹 「性液まみれの箪笥の中に閉じ込められた全裸母子のぬるぬる密着近親相姦」地震で「箪笥」の中に閉じ込められた母子のお話。新築祝いで夫の実家から送られてきたその箪笥。趣味は悪いが売ればお金になる頑丈なつくりの頑丈な高級箪笥。新築の飾りつけに夢を持っていた母親にとってはありがた迷惑だが、売ればお金になるから使わずに置いてある。お風呂場の脱衣所に…突発的な地震が起き、全裸の母親とその息子は偶然にもその箪笥に避難したおかげで一命を取り留める。受験ストレスで、箪笥の中から母親の入浴姿を覗き見しながらオナニーすることだけが生きがいのメンヘラ息子。幼少期の育児ミスから、常に子供を気にかけている地味美人の母親。「地震が起きたら身を隠せ!」その結果。避難場所として、風呂上がりの全裸の母親とそれを覗き見しながらオナニーをしていた全裸の息子が、精子まみれの箪笥の中に隔離されることになった。・一瞬の直下型地震のため、被害は少ない。・父親は出張中。・電波は圏外。命に関わる問題ではないはずだが、いろいろ気まずい。・全裸で密着。・箪笥の中は精液でぬるぬる。・やりたい盛りの息子とセックスレスの母親。男と女である母子二人が救出を待つまでの長い時間、全裸で密着し続けたらどうなるのか?◯ストーリー32枚◯ストーリー(台詞無し)32枚
    【【コミック】性液まみれの箪笥の中に閉じ込められた全裸母子のぬるぬる密着近親相姦【zip rar raw jpg pdf 無料 ダウンロード】】の続きを読む

    息子と母漫画 熟母漫画 艶母漫画 親友の母漫画 友達の母漫画 友人の母漫画 姉母漫画 友母漫画 14歳の母漫画 義理の母漫画 JUNKセンター亀横ビルママキャラCG集「今夜、母と妊活します。・肆」引きこもりの青年とその母親が、地下の蔵の中で行う近親交配。主人公(あなた)は性格的な成長の問題か、村では侮蔑のまととなっている。村の子〇たちと仲良く遊んでいる姿は、いい大人が子〇に交じってはしゃいでいるようにしか見えない。そんなある日事件が起きる。主人公(あなた)のはしゃぎ方が行き過ぎたのか、遊び場の神社で村の女の子の一人に強姦未遂を行ってしまう。もちろんあなたに悪気はなかった。むしろ女の子と仲良くするために無邪気なアプローチの延長のつもりであった。だが、現場はそうは見えない。泣きじゃくる女の子。怒る女の子の両親。侮蔑と鬱憤から来る村人たちの嘲り。どうしてくれようかと集まってくる村人たち。周りから見れば思春期のいい大人が○女にいたずらを仕掛け損ねて見つかってしまっただけに見える。…そして主人公(あなた)には状況を説明する知力がない。間一髪のところを母親に助けられ、自宅に帰るが恐怖とトラウマから主人公(あなた)は誰からも目の届かない「蔵の中」に引きこもってしまう。地下の…陽の差さない…漆黒の闇の中。恐怖で蔵の中から出られない主人公(あなた)。「いいこ…」暗闇に指す一筋の光明。唯一の理解者である母親がやってくる。「お母さん今…裸よ一緒のお布団に入れて頂戴?いい子だから…」傷ついた主人公(あなた)と身体を使ってそれを癒そうとする母親。「ここなら誰にも見つからないわ。女の人が欲しくなったらお母さんの身体を使って頂戴。いくらでも抱かせてあげる。」行燈の薄明かりに照らされて、母親の白い女体と褐色の息子の肌が絡み合う。「だから…村の女の子には手を出さないでね…」今夜、あなたは闇の蔵の中で実の母親とセックスをします。◯ストーリー125枚(差分込み)◯ストーリー125枚(差分込み、台詞無し)◯おまけサンプル原作・原案・制作・修正SAYAプロダクツ文満月照子
    【【コミック】「今夜、母と妊活します。・肆」【zip rar raw jpg pdf 無料 ダウンロード】】の続きを読む

    このページのトップヘ