会社で皆から無能扱いを受ける棚橋社長のチサコからも毎日のように怒られていたそんな会社帰りのある日偶然夜の街で社長のチサコと出会うひょんな流れで酒を飲むことになりこのまま口説けば抱いて自分の女にできるのでは?と思う棚橋もともとヤリチンで女を落とすことに自信があったのでホテルインそして衝撃な事実チサコは処女だった会社とは違い圧倒的に自分が優位だと気づく棚橋棚橋はチサコを落とし会社での地位を築くことができるのか?23ページ