爆乳パイズリ漫画 ダブルパイズリ漫画 超爆乳パイズリ漫画 巨乳パイズリ漫画 無料パイズリ漫画 超乳パイズリ漫画 エロパイズリ漫画 東方巨乳パイズリ漫画 東方パイズリ漫画 パイズリ漫画画像 「明日から来なくていってなんだよ…」バイトをクビになった不景気のせいだの何だの言ってたけど今月の家賃や生活費どうしたらいいんだよ「困った・・・」プルルルル電話が鳴っている親戚のおじさんの名前が表示されていた前に会ったのはずいぶん昔なのになんで?でも、おじさんは確かどっかの会社の社長だったはず電話に出たら色々あって小遣いもらえないかな最悪でも飯くらいおごってくれるかも…とりあえず電話に出る事にした「久しぶりだね、元気にしてたかい?」「いやぁ…元気はないですね」その後おじさんはどうでもいい話をはじめた用事があると思っていたからおかしいなとは思ったけど暇だったので付き合う事にしてずいぶん長い間話し込んでしまった「そうか、クビにねえ…ひどいな」「そうなんすよ!明日からどうしたらいいか」気付くと自分も最近の事をぺらぺらとしゃべっていたもう完全に油断してたと思う「…それならちょうどいいか」美味しい話がある気がした「実は頼みたい仕事があるんだ」「仕事!」「もちろんお金は払うよ、やってくれるかい?」「やります!やります!」内心期待していた俺は一切疑う事なく即決した親戚の●●に与える仕事なんてちょっとした仕事で多めに小遣いくれるみたいなその程度の仕事だとこの時は思っていた翌日家に招かれた俺は●●の頃に世話になった女性と再会する軽く挨拶をして家に入るそして、頼まれる事になるおじさんは言った仕事と言うのは彼女を孕ませる事なんだ頼むよ彼女を妊娠させてやってくれ金ならいくらでもある払うこの男は何を言ってんだと思ったでも必死に懇願するおじさんの顔も一緒に座ってる女性の疲れた顔も目の前に置かれる大金も部屋に漂う重い空気も全部これは冗談じゃないとわからせてくるそんな状況なのに金はすごいまともな思考ができないほど混乱してるのに頭の一部はものすごく冷静にさせてくれる金は欲しいどうしたらいいんだ書類を渡した「それじゃあ頼んだよ!じゃあね!!」おじさんは笑顔で手を振りながら家から出て行った俺は結局サインした自分で金を選んだくせに今更罪悪感を感じてる「じゃあ、はじめましょうか…」相変わらず疲れた顔をしているが精一杯優しい口調で呼びかけてくれたこんな俺に気を遣ってくれているんだ優しい人だ俺はこれからそんな優しい彼女が孕むまで毎日性行為をする仕事をはじめる騎乗位、駅弁、フェラ、パイズリ、無責任中出し、孕ませてボテ腹基本CG11枚、台詞の有り・無しとサイズを二種類用意しております