「わたし、気になります!」好奇心の亡者は知識だけでは満足できず、実物を確認することにする。しごいたり挟んだり咥えたり、そして最後まで…(マンガ:24ページ)