霧雨降りしきる夕刻。霖○助の執拗な指先と舌先が魔○沙のすみずみまで愛撫する。強がっていた魔○沙はやがて言葉を失っていく。